男性型脱毛症(AGA)の薄毛治療はプロペシアが有効ですが、プロペシア以外にも薄毛を改善する方法はあります。ここではそんなプロペシア以外にもできる様々な改善方法を紹介したいと思います。

プロペシアは、飲むだけと簡単に薄毛をケアすることができるため、ケアするときの手間が面倒な方にもオススメとなってきます。
薄毛に悩みを感じたときには、使用するヘアケア用品を変えてみたり、食事のバランスを考えて献立を考えますが、このような努力を行っても、薄毛の解消の効果を感じることはできません。
男性型の薄毛については、ホルモンが原因となっているため、頭皮の外側のケアに注目しても、効果が期待できなくなってしまうのです。
その点、プロペシアを利用した場合には、ホルモンの状態から変えていくことができ、確かな効果を得ることができます。
プロペシアを利用することにより、ホルモンの働きをストップさせることができ、明らかな効果を得られるようになってくるのです。
男性の薄毛の解消を考えたときには、プロペシアは効果的になってきますが、飲むだけのケアだけでよいというメリットも存在しています。
プロペシアでは、1日1錠飲むことにより、ホルモンの働きをブロックすることが可能になるため、ケアする手間をかけずに済むようになるのです。
毎日育毛剤を使う必要もなくなってきますし、食事のバランスについて過度に気を付けることもありません。
効果のないヘアケア用品を購入することで、費用も掛かってきますが、プロペシアだけを服用していけば、今までかかっていた余計なお金も節約できるようになってきます。
また、毎日食事の献立を考える必要もなくなってくるため、奥さんにかかってくる負担もなくなってくるのです。
ホルモンの影響によって薄毛になっている方は、効果の高いプロペシアを試すことにより、ストレスや金銭面での損失なく薄毛を解消していけるでしょう。

プロペシアの効果について

育毛剤としても有名で高い効果があるプロペシアの効果について詳しい情報が掲載されています。
プロペシアの育毛効果

プロペシアと併用したいミノキシジル

ミノキシジルの説明をするナース

AGA治療で処方される薬としてプロペシアがあります。
この薬はAGAにとても有効な薬とされ、多くの医療機関がこの症状の治療薬として利用しています。
ただ、病院でこのAGA治療を受ける方の多くはこのプロペシアを服用することで発毛効果も期待できると考えている方も多くいるのではないでしょうか。
AGA治療というのだから抜け毛が改善され、以前のようなフサフサに髪が生えてくると考えている方もいるようです。
しかし、このプロペシアは症状の進行を止めるものであり発毛を促すような効果が期待できる薬ではありません。
そのため、発毛効果を得るためにはプロペシア以外の薬の服用や生活改善が必要になります。
病院ではこのプロペシアとミノキシジルという薬を処方する病院もあります。
ミノキシジルは血管を拡張させる作用のある薬です。
発毛効果を得るためにはまず、頭皮にしっかりと栄養や酸素を届ける必要があります。
そのためは血流を促進させることが大切です。
このミノキシジルを服用することにより血管が拡張し血流が促進され、頭皮にしっかりと栄養や酸素を届けることができます。
そのため、このミノキシジルは発毛効果を得るための薬です。
また、発毛を促すには生活改善が大切です。
喫煙などをしていると血管が収縮してしまい血流が悪くなります。
プロペシアでAGAの進行を止めることができても血流が悪いことで発毛どころか抜け毛の原因ともなりますので注意が必要です。
このように薬だけでなく生活改善をする努力をすることで発毛が促されます。
ただ、AGAの症状ではまず進行を止めることが大切です。
この症状の進行を止めずに発毛効果を得ようとしても効果はあまり期待できません。
この症状に対する治療を受けながら発毛効果の得られる対策をすることが重要です。

今日から出来る抜け毛防止法

説明する医師

最近、壮年期や青年期の男性で薄毛や抜け毛に悩んでいる人をよく見かけます。
シャンプーするたびに抜けるのは、祖父からの遺伝だから仕方がない。
なくなっていく髪の毛はもう止めることができないからかつらやウィッグをすることで、人の目からかくすより仕方がないといって、諦めて言ってしまっている方が多いような気がします。
弾性の薄毛や抜け毛の原因としては男性型脱毛症(AGA)といわれる病気が原因となっていることが多いのです。
そしてこの病気は毎日内服するプロペシアという薬によって防止・治療してあげることができます。
AGAの脱毛の原因は、男性ホルモンであるテストステロンが関係しています。
標的細胞である毛根の周囲にまできたときに、細胞内でテストステロンから5α還元酵素という成分により、それよりも活性が強く、作用力の強いジヒドロテストステロンへと変化させられます。
ジヒドロテストステロンが毛根の細胞に働きかけることにより、毛髪のヘアサイクルが通常よりも早くなり毛髪の脱毛につながってしまうのです。
この短くされてしまったヘアサイクルを止めるためには、活性の強いジヒドロテストステロンを産生させなくすればよく、5α還元酵素阻害薬であるプロペシアによって防止することができます。
このプロペシアという薬は内服の副作用として、肝機能異常があげられることの他に、男性ホルモンを減少させるような作用のために、性欲の減退や勃起機能の減弱といった症状や女性化乳房のように皮下脂肪が増えてしまうことがあり得ます。
しかし報告によればどれも数%程度とのことです。
つまり、定期的に採血の確認などを行えば、薬剤の安全性はしっかりと確保されている薬といえますので、プロペシアは抜け毛の作用機序に沿った非常によい抜け毛防止法と言えるのです。

降下剤として開発された発毛成分はむくみなどの副作用

薄毛を改善するために様々な成分が登場していますが、その中で最も強力な発毛効果を期待できるのがミノキシジルという成分です。この成分は、アメリカで血圧降下剤として開発されたもので、当初は内服薬として利用されていました。その後、発毛効果が確認されたために、薄毛の治療薬としての商品化が進められたのですが、内服薬としての動物実験で犬が心臓破裂により死んでしまうという事件が起きたために、外用薬として提供されることになります。
このような経緯を経て誕生したのが・・・

続きを読む
男性ホルモンを抑制するプロペシアの保管は容器で

男性型脱毛症はジヒドロテストステロンと呼ばれる男性ホルモンの影響で引き起こされます。その男性ホルモンが頭皮に影響することでヘアサイクルが乱れ、まだ成長しきっていない髪の毛が抜けてしまうことで、薄毛が進行してしまいます。一般的に、男性型脱毛症の改善には治療が必要であるとされ、放置による髪の毛の回復は望めないとされます。そのため、薄毛の改善には植毛などの方法をとることが必要になります。植毛も一つの手段になりますが、男性型脱毛症の改善に現在最も使用されているのがAGA治療薬になります。

続きを読む
1日100本程度までは正常な抜け毛

シャンプーのあとや、枕についている抜け毛の本数が増えてきたと感じると、髪の毛が心配になってしまいます。
しかし、人間の髪の毛は平均で10万本生えていて、1日に何もしなくても50~60本は抜けています。
シャンプーは髪を洗い流すので、どうしても抜け毛が目立ちますが、30~40本ほどであれば自然の抜け毛で問題はありません。
合計すると、1日に100本程度なら正常な抜け毛と言えます。
シャンプーの際に抜け毛があるからと言って、頭を洗わないのは逆効果です。

続きを読む

新着記事