多くの男性が20代の中盤から30代を皮切りに悩まされることになる薄毛症状ですが、これを改善しようとするならば出来るだけ早期の段階で原因をきちんと特定し、しかるべき対策を打つのが効果的です。頭皮の毛穴詰まりや生活習慣によるホルモンバランスの変化、頭皮血行の悪化、AGAの発症など原因は様々ですが、それが常態化すると次第に毛包が縮小しそのまま消滅してしまうので、まだ取り戻せる段階での対策が不可欠なのです。
とりわけAGAを発症するとこれは病気なので病院機関での治療が必要です。ここで最も多く用いられるのがプロペシアという錠剤。そもそもAGAは男性ホルモンと頭皮の特殊な酵素が反応してDHTという物質を作り出すことによってこれが頭髪の成長サイクルを大きく乱すことになります。その点、プロペシアはこの頭皮の酵素の働きを抑制し、DHTの分泌量を抑えることで頭髪を正常化へと導いてくれるのです。
ただし誰もがプロペシアを服用できるというわけではありません。この錠剤が持つフィナステリドという成分には副作用を引き起こすリスクがあり、それほど高いパーセンテージではないものの、男性ホルモンへの影響ゆえに性欲減退、勃起不全、鬱症状などに陥る可能性があるので注意が必要です。さらにあらゆる薬には肝臓への負担がつきものですが、プロペシアにおいても肝機能障害などの肝臓への影響が顕著に見られるケースがあるのでこれもしっかりと経過を見届ける必要があります。また、プロペシアの影響は何も頭髪だけに限ったことではなく、他の部位へ体毛への影響が及ぶ場合もあります。その場合、頭髪の薄毛が徐々に改善されると同時に他の部位が剛毛へと転じてしまう可能性もないとは言い切れません。
これらのケースに当てはまる場合にはまず医師の診断を経た上でその後の知慮の方向性を検討していくことが大切です。