禁煙すると抜け毛防止になると言われていますが、その理由は血行にあります。
喫煙すると血管を収縮させ血行を悪くしてしまいますので、頭髪環境にも悪影響を与えてしまいます。
禁煙により血行が改善されれば、毛母細胞の働きを高めることが可能です。
一方で禁煙により抜け毛が多くなってしまう場合もあります。
抜け毛にはストレスが関係していますが、禁煙のストレスにより抜け毛が増えてしまう場合もあります。
抜け毛を予防し髪の毛の成長を促すには、プロペシアなどの医薬品に頼ることも可能です。
プロペシアは簡単に言えば、成長期や退行期に移行してしまう成分を阻害することで、成長期を長くしたり休止期から早く成長期に進ませることが可能です。
プロペシアは高い改善効果が期待できますが、禁煙により血行を良くすることも必要です。
禁煙だけではなく運動をすることでも血行を改善することが可能ですが、プロペシアに頼るのも良いですが抜け毛を改善できる体を作ることも必要です。
プロペシアは医薬品ですが健康保険の対象とはなりませんので、ジェネリック医薬品を選ぶのも良い方法です。
効果の高い医薬品には必ず副作用がありますので、服用する場合には医師の指示を守り正しい用法用量で使用することが大切です。
副作用の中では肝機能障害がありますが、肝機能に問題を抱えている人は注意が必要です。
禁煙により抜け毛が減る場合もありますし、逆に増えてしまう人もいますが、個人差がありますので必ずしもどちらが正しいとは言えないのです。
プロペシアには医薬品としての効果の他kさがありますが、禁煙には医薬品のような効果はありませんので、必ず良い結果が出るとは思わないで努力することが大切です。