育毛とは髪を成長させることであり、時間をかけて頭皮から変えていく習慣です。
ワンランク上の対策として発毛があり、こちらは医療行為を指していることが多いです。
育毛の場合はセルフケア、またはサロンによる施術を指す傾向があります。
育毛の対策としてヅラがありますが、ヅラは薄毛を隠すものであり、育てる目的はありません。
すぐに見た目を改善できるというメリットがありますが、装着によって蒸れが発生しやすいデメリットがあります。
そのため育毛ケアとヅラ装着は並行することが多いです。
ヅラ装着で注意したいのは、常時装着するのを避けることです。
家にいるときはなるべく外して、頭皮の通気性をよくしておきましょう。
汗で蒸れると毛穴が詰まりやすくなるので、シャンプーはより念入りに行うべきです。
育毛剤を使用するときは、効果を高めるために清潔な頭皮に使用してください。
使用後はマッサージをすることで血行がよくなりますし、液剤が毛根に届きやすくなります。
育毛とは髪の毛を育てることですが、それ以前に頭皮を元気にするという目的があります。
髪は頭皮から生えてくるので、頭皮という土から改善していく必要があるのです。
薄毛対策は早く行うほど効果が高くなるので、今すぐに対策を始めてください。
対策を先延ばしする方ほど、多くの髪を失っている現実があります。
髪を元気にするためには、薄毛に気づいたらすぐに対策するのが基本となります。
20代だから薄毛になるはずがないと放置しておく方もいますが、年齢はあまり気にしないほうがよいのです。
若くても薄毛になる方はいますし、中高年でフサフサを維持できる方もいます。
若いからと安心することなく、抜け毛が増えてきたら対策をするべきでしょう。